SNSから集客する方法

SNS活用

個人でお仕事を始める際にまず言われること、それは「SNSをはじめなさい。」私もそうだと思ってやっていますし、そのようにコンサル生の皆さんにお伝えすることもあります。そして皆さんまずはやってみようとアクションを起こしますが、なかなか続かない。コンスタントに発信できない。それはなぜでしょうか?

申し込みにつながっていないから

こんなに発信しているのにメインのサービスへの申し込みが一向に増えない。そんな思いから、やる気をなくしてしまったり毎日書いていたものをやめたり・・・してしまう方もいると思います。そこで表題についてです。

SNSから集客する方法

皆さん、集客の意味間違っていませんか?私の生徒さんたちやブログを見ていただいている方はもう理解されていると思いますが、集客=申し込みではないですよね。集客は読んで字のごとく客を集めるわけです。自分のSNSにお客様を集めていく(プールしていく)。それがSNS集客です。つまりはSNSは集客ツールであり、SNS=申し込みではないということです。

SNSからの導線が大切

????申し込みにならない・・・どういうこと? 混乱してしまう人もいるかと思うのですが、要は今日初めてあなたのSNSにたどり着いた方が今日申し込むことはないということです。申し込みまでは何度も申し込む⇄申し込まないの動きがあります。そして申し込みへの思いが強くなった時の導線をスムーズに用意しておくことが大切なのです。

SNSは集客ツールと申し上げました。つまりはまだ申し込み段階まで来ていないけど、気になる。そんな人が訪れる場です。そのような方に毎回メニューや申し込みを進めるようなプッシュの記事や投稿では疲れてしまいます。気になるんだけど・・・そのくらいのテンションに心地よい記事が必要です。自分の仕事・サービスへの想いや、ちょっとした日常のことなど(日常は必須ではないですが、そのくらいライトな記事ということです。)まだ迷っている段階で売り込みだと感じると離れていってしまう可能性があります。

いざ、申し込みたいとなったら

ここが肝心です。申し込みたいとなった時にアクションが取れる場所をわかりやすく発信しておきましょう。ブログなら記事下やグローバルナビゲーションに設置。インスタならプロフィールURLなど・・・この人に申し込みたいときはここにアクションすれば良いのだと、理解してもらっていることが大切です。

申し込みたいと思ったけど、申し込み場所がわからずサイトから離脱すること、結構ありますよ。デザイン制作する際も新規申し込みをサイトのゴールに掲げているクライアントの場合はしつこく申し込みボタンを設置したりします。

集客と申し込みは別と考える

つまりはSNSをやって申し込みにつなげようと思う場合は分けて考えることが大切です。申し込みになった場合のフォームはランディングページは整えておいて、そのリンク先は各SNSにわかりやすく配置するということ。そして普段のSNSはサービスをプッシュし過ぎないということが大切です。

別と考えることで見えてくること

実はこれをコンサル生の方にお願いすると100%全ての方がSNSが楽しくなったと言います。SNSの目的やゴールが明確になったことで届けたいことを邪念なく届けられるようになったみたいなのです。こんなこと書いても申し込みにならないよな・・・そんなことを思うと一体何を書いたら良いかわからなくなりますし、そもそもその考えは間違っていますよね。集客と申し込みは別、申し込みアクションはその先にある。マインド変えてみてください♡

ピックアップ記事

関連記事一覧

About Me

 

ERI

熊本市出身 東京都世田谷区在住
2019年11月より熊本へ転居
熊本県立第一高等学校 卒
青山学院大学 経営学部 卒

 

会社員時代

アパレルとウェディング業界で従事。専業主婦からフリーのデザイナーとなり、コンサル業もスタート

 

実績

 

新卒入社して半年後に会社最高額をご契約

2年目で銀座のフラッグ店副店長へ

アパレルでは未経験の業種でしたが

1年目で月売全国トップ

2年目で店長

3年目でエリアマネージャーとなる。

 

これらの経験時に自身が考え結果を出したことなどを元にコンサルの軸を作り上げた。フリーランスの起業であっても大切な「お客様による、わたしブランディング」をテーマに各業種の女性起業家様へコンサルティングサービスを提供中。

 

講演・セミナー依頼は下記ページよりお願いします。
Contact