ALL

集客できない・売り上げに繋がらない一番の理由

私はウェブデザイナーですが、この1年は起業コンサルに重点を置いてきました。それはなぜか?ホームページ制作ご依頼の理由で最も多かったのが、「新規客が来ない」だからホームページを作って集客を上げたい。というご理由だったからです。しかし、本当にホームページを作って集客を上げることができるでしょうか?サービスを紹介したり、SEO対策を行うことは可能です。そのサイトに集まる人は作れます。しかし申し込み客になるかといったら・・・そこに疑問が残ることが多々ありました。コンサルに重点を置いたのは、サイトを作る前にやるべきことがあり、それを伝えたかったからです。

 

集客できない・売り上げに繋がらない一番の理由

それはお客様にメリットだと感じてもらっていないことです。商品のせいでも、貴女のスキルでもありません。買ってもらいたいお客様にその商品・サービスのメリットを伝えられていないことです。例えば、こんな経験ありませんか?お友達に、「こんなサービスをやろうと思っているんだけど」と伝えたところ、お友達が「それ、良いじゃん!やってみなよー!」と言ってくれた。それで自信を持ってサービスを始めたものの、良いと言ってくれたお友達誰も申し込んでくれなかった。。。涙 商品が良いことは理解できたけど、それが自分のメリットになるかまではイメージできていなかったってことですね。

 

私もこの1年だけでも100名以上の女性起業家・フリーランス・自宅サロンの方々とお仕事してきたのですが、誰一人怪しい商品を売っている人はいませんでした。。笑 みなさん素敵な商品です。しかしその100名の方々の商品を私が全部買ったかというと別です。買ったこともあります。それは私に取ってメリットがあったから。買わなかったものが悪い商品というわけでは決してないのです。私にはメリットがなかったということ。逆に誰にメリットがある人を構築していくことで、コンサル1回だけでレッスンを満席にできた方もいらっしゃるほどです。

 

商品をご紹介することを売り込みと思っていませんか?

売り込み。って言葉はあまり良いイメージないですよね。販売員がグイグイ売りつけてくるようなイメージ。そう思われる理由ってなんだと思いますか?一番わかりやすいのは洋服を買うときでしょうか?ゆっくりみたいのに、洋服見ながらあれこれ考えたいのに、横から声かけてくる販売員さんが嫌だ。そんな方も多くいらっしゃると思います。それはなぜかってことですね!

その理由も販売員さんが勧めてきた、その商品をメリットと感じるような接客ではなく、「それうちの一番人気商品なんですよー」って売り側目線の内容だったり、まだ入店して店の情報が頭の中で整理されていない状況で、ピンポイントの商品説明をされたりする場合です。

もし、何度も訪れた店で、新商品の入荷をネットで知っていて、その商品が数量限定だとして、その商品めがけてお店に行ったとき、「あちらにあるワンピース、新商品で、あと2点なんですー」って言われたら嫌な気しますか?ってことです。

お客様が何に悩んでいるのかをまず先に聞くこと

悩みがクリアになるからメリットだと感じ、魅力的に見えてくるわけです。その悩みを聞き出せていないのに、どうやって商品を紹介できるでしょうか?まずは悩みを聞き、その悩みが自分のサービスだったらどうやって解決できるかを伝えていくのです。全てはここからです。その次に商品の紹介になります。

例えば、ここまで読んでくださった中で一つ考えていただきたいのが、みなさんの商品・サービスって誰の悩みをクリアにしてくれますか?ちょっと考えて見てくださいね。イメージできた方は、そのかたに伝わる集客ができているかということです。主婦・ママをターゲットにしているのに、主婦・ママが今はほとんど見ないFacebookのみで発信していたり(今はInstagramですよね。)ウェブ上のデザインは男性っぽいテイストだったり・・・

ターゲットが見えていないと自分の好きなテイストのデザインで発信しがちです。テクニックに走ると起業家=Facebook的なマインドが入り、Facebookだけに走りがちです。。大切なことはそんなことではなく、ターゲットの悩みに寄り添うことです。ここができていないから、どれだけ商品が良くっても売れないのです。そしてそれを商品のせい、自分のせいにして、起業をやめてしまう方も多いのが現実です。

起業前は自分目線でも起業後はお客様目線

いっつもここに立ち返りますが、そういうことなのです。起業前はこの商品が好き、この商品で仕事をしたい。それで良いのですが、それで起業するとなったとき、起業した時点で主体をお客様にシフトしましょう。その商品は誰にメリットがあるのか?その人に伝わる発信になっているのか?

人は自分にメリットがあると感じれば、どれだけでも投資するものです。ただ、その人に伝わっていなければ商品・サービスが売れることはありません。誰にメリットがあり、そのためにどうやって発信するのか、これは私も今も毎日自問自答しています。仕事の始まりに、これを考えてから一日の仕事のスケジュールを作っているくらいです。ぜひ皆様も定期的に考える習慣を作って見てくださいね!

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

preshine

Preshine 有田絵梨 フリーランス女子のためのWEBコンサルタント ブランディングとWEBを軸に女性起業家さんたちのサポートを行っています。本サイト管理者。本サイトのライティングを行なっているブランディングコンサルタントを育成しています。

-ALL

Copyright© フリーランスの女性のためのメディアサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.