主婦・ママがフリーランスを検討する際、気をつけて欲しい3つのこと。

WEBデザイン

私はフリーランスのウェブデザイナーになり
この春で丸2年になります。

私がフリーランスを意識したのは
独身時代から勤めていたアパレルの時。

結婚する前から
この仕事は暦通りの休みではないし
結婚したら続けられないな。。
そう漠然と思っていました。

実際、結婚して
正月に両家に挨拶に行った
その足で
商業施設のセール応援に行ったのですが
その日の夜に
辞めよう。と決意します。

専業主婦記念に
アメブロでも始めようと
ブログを立ち上げ
そのテンプレートのいけてなさに愕然。
そこからウェブに興味を持ち
今に至ります。

仕事にするには独学ではなく
基礎から学ぼうと学校に通います。

生後5ヶ月の娘が1歳になるまで
通いました。
小脇に娘を抱え、

デジハリプレスページ引用

右上が私です 笑
こんな感じでやってました。

そんなこんなで今に至り
私がお伝えできる3つのことをお話しします。

主婦・ママがフリーランスを検討する際、
気をつけて欲しい3つのこと。

 

①フリーランスは自由ではない。

フリーランスってどうも自由に思われる。
会社や組織の拘束はないので
そういう意味では自由ですが
決して好き勝手仕事をしているわけではない。

むしろぼーっと過ごすことはできず
常に選ばれるフリーランスになるため
アンテナを張って過ごしています。

山のようにいるウェブデザイナーの中で
私を選んでいただくために
私が選ばれる理由
選ばれない理由は常に把握し
自分ができることをブレずに取り組んでいます。

時間的拘束という意味では自由ですが
仕事が自由というわけではありません。

②フリーランス=時短ではない

主婦・ママで在宅の仕事!=ウェブデザイナー・フリーランス
なんて記事も見かけますが
時短の仕事と捉えていると
きついかもしれません。

実際、ウェブの学校で学んだ時も
学びの時点で
夜中までやっています。

ウェブに限らずだとは思いますが
常に学び取りに行くことが
フリーランスでもあるので
新しい情報が入ってくると
さらに学びに行きます。
そうやってグーグル様にお世話になりながら
インプットタイムを作るので
時短にはならないです。

なんども言いますが
会社や組織の時間的拘束
通勤などの時間的拘束はないですが
仕事が時短というわけではないです。

インプットとアウトプットで
自分のフリーとしての質を
高め続ける時間が必要不可欠です。

③お客様あってのフリーランス

フリーランスに憧れている方は
フリーランスの何に憧れているかを
整理してみてください。

上記に挙げたように
時短ともし思っていたら
それは違うかもしれません。
それなら時給計算のパートタイムなどで
週3、1日4時間と
決められているようなものが
良いと思います。

フリーランスと大きく見るのではなく
その何に興味があるのかを
自分で考えてみてほしいのです。

ちなみに私は
お客様に臨機応変に対応したくて
フリーを目指したという経緯もあります。

お一人お一人のご相談内容は違うので
ベース・目安としてのメニューを置いていますが
個別相談で作り上げるメニューも用意しています。

組織だとなかなかそのような提案は難しいです。

私もきっかけは
アパレルで土日仕事じゃ
子供や家族の時間がないから
難しい。

でした。

でも、フリーランスって
生き方ではなく仕事のスタイルなんです。

そう、仕事なのです。
だからお客様がいないと成り立たない。

お客様想像できていますか?

とりあえずフリーで仕事できそうな
資格を取ってから考える。
学んでから考えたら良い。

そう思われる方もいらっしゃるかもですけど
私は違うと思っています。

義務教育の学校ではないわけで
自分で選んで学んでいる
スクールな訳ですから
その学びの先を考えて
入学するのが当然だと思うのです。

むしろ、そうしていないと
卒業後のスタートが全く違います。

学んでから考える人と
考えて学んでいる人では
卒業後のスタートダッシュ
どちらが早いかは一目瞭然ですよね!

大手のスクールは
斡旋もしてくれるかもですが
それに関しても
まずは自分の意思が最優先ですよね。

自分がどうしたいかがない状態で
仕事も選択できないし
そもそもそんな状態の人に
仕事を頼みたいと思うでしょうか?

漠然とでも良いから
どんな人のために
フリーで仕事をしたいのかは
頭に描いた状態で
フリーになるための
スキルを身につけることをお勧めします。

フリーランスになりたい理由を考える

フリーランスは
現代の日本人にはオススメの働き方だと
私自身も思います。

実際今子供がいますが
昔ではできなかった
土日に家族と過ごすこともでき、

娘が体調不良となれば
いち早く保育園にお迎えもいける。

誰に気を使うこともなく
娘の看病に徹することもできます。

自分が相手にしたいお客様のために
一生懸命お仕事することができるし
何より選んでいただいたことに
心から感謝の気持ちでいっぱいになる。

だからまた頑張ろうと思う。

でも、そのためには
毎日の努力を惜しみません。

常に頭はお仕事のことを考えています。
それは現実です。
体は稼働していなくても
頭は常にアンテナ張ってます。

これは私の考え方ですが、
選ばれるフリーランスになるためには
日々のこういった学びや努力が
必要不可欠だと感じます。

受け身のフリーランスは
存在しないと思うのです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

About Me

 

有田 絵梨(ありた えり)

熊本市出身 東京都世田谷区在住
熊本県立第一高等学校 卒
青山学院大学 経営学部 卒

 

会社員時代

アパレルとウェディング業界で従事。専業主婦からフリーのデザイナーとなり、コンサル業もスタート

 

実績

 

新卒入社して半年後に会社最高額をご契約

2年目で銀座のフラッグ店副店長へ

アパレルでは未経験の業種でしたが

1年目で月売全国トップ

2年目で店長

3年目でエリアマネージャーとなる。

 

これらの経験時に自身が考え結果を出したことなどを元にコンサルの軸を作り上げた。フリーランスの起業であっても大切な「お客様による、わたしブランディング」をテーマに各業種の女性起業家様へコンサルティングサービスを提供中。

 

講演・セミナー依頼は下記ページよりお願いします。
Contact