インスタライブで集客する方法

Instagram集客

みなさん、こんにちは!フリーランス女子のためのWEBコンサルタントPreshine有田絵梨です。今回はインスタライブで集客する方法をご紹介していきたいと思います。

インスタライブで集客する方法

私が本格的にインスタライブを始めたのは2020年5月です。スタートは数名の方にご参加いただきましたが、一番多い時だと30名以上の方にご参加いただきました。

5月の1ヶ月の間にそこにご参加いただいた方、10名の方が単発コンサル・オンラインスクール・継続コンサルへお申し込みいただきました。なぜそのような実績が出たのかを3つにしぼってお話しします。

インスタライブ集客①定期的な開催を行なった

私は平日の朝8時20分から開催していました。*現在は制作業務が増えたためお休みしています。ゲリラで行う予定ありです。

私はもちろん、みなさんのルーティンになって来て毎朝みなさんの1日の中に入らせていただくことができました。毎日参加していただくことでまだお会いしていない方ともお会いした気になり、コンサルで初めてお顔合わせる際も『初めてあう感じしないですねー』っていつも言っています。

会う前からみなさんのルーティンに入れるのはインスタライブ集客に大切な要素だったように思います。

インスタライブ集客② アカウント名でお声かけする

ご入室いただいた方全員のアカウント名をお呼びしていました。『 @preshine2017さん、おはようございますー!』って感じですね。顧客様から呼ばれるとなんか嬉しくなる!っておっしゃって頂くことが多かったです。

その他、コメントいただく際も必ずアカウント名とコメント内容を読ませていただいていました。

一方的ではなくコミュニケーションをとる目的で行っていたのがよかったです。

インスタライブ集客③ コミュニケーションをとる

上記で話したように一方的ではダメ。必ずコミュニケーションをとります。とは言ってもいきなりフリートークでは何を話したら良いか迷いますよね?

  1. 本日のテーマについて話す
  2. そのテーマについての質問をいただく
  3. そのほかの質問やご感想をいただく

この流れでいつも行っていました。そして、コメントをなかなか書けない方もいらっしゃると思うので、ハートマークなどのスタンプを使ってリアクションを表現してもらうようにしていました!

インスタライブ集客はできるのか?

結論、できます!ただ私がいつもご案内しているように集客は客を集めると書きます。そう、集めるが目的です。その先の導線ということがとても大切になります。

インスタライブ を見ていただいた後、お客様にどうして欲しいのか、導線設計をすることが大切です。

私はIGTVに必ずインスタライブ の動画をアップしていますが、そこの説明部分にURLを貼ることができます。そのテーマに共感していただいた方にオススメのサービスのURLを貼るようにしていました。

SNS集客と見込み客集客?の話は是非IGTVで!

下記動画是非ご覧くださいー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

有田えり フリーランス女子のためのwebコンサルタント(@preshine2017)がシェアした投稿

インスタライブ集客のメリットは動画で見てもらえること!

私のサービスは全てオンラインです。だからオンライン上で私が動いている様子、話している様子を事前に見ていただけることはとてもメリットになります。

お申し込みしてから顔がわかるって結構ドキドキしちゃいますよね?そうではなくって事前に知ってもらえることはメリットだし、皆様のハードルが下がるのかなって思うのです。

以上のことが私の気づきになります。

インスタライブ集客がもっと知りたい方はコンサルへどうぞ!

インスタライブ集客やそのほかのSNS集客、さらにはSEO集客、WEBマーケティングといったサポートを行っています。フリーランスの女性の方のためのWEBコンサルタントとして講座やレッスン開講中です。

詳細はPreshineの公式サイトからご覧くださいね!

公式サイト

 

 

preshine

35,908 views

Preshine 有田絵梨 フリーランス女子のためのWEBコンサルタント ブランディングとWEBを軸に女性起業家さんたちのサポートを行っています。本サイト管...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

 

フリーランス女子に必要なブランディングとウェブ情報をブランディングコンサルタントが配信しているPreshineメディアサイトです。