インスタグラムからお客様に来てもらう方法

Instagram

Instagramは写真とキャプションで投稿していくのでブログやFacebookよりも簡単に使えるのではないでしょうか?特にお稽古サロン運営の皆様は作品のアップなどが大切なので、そういう意味でもインスタはハマりますよね。でもここで少し考えてみてください。Instagramからお客様のお申し込みやお問い合わせ来ていますか?みてもらって終わりになっていませんか?この記事ではインスタグラムからお客様に来てもらう(外部サイトへのアクションを起こしてもらう)ための取り組みをご紹介したいと思います。

プロフィールのURLを見直す

インスタグラムは画像一つ一つにURLは貼れませんよね。だからプロフィールURLはとても大切だなって思います。お稽古サロン運営されているほとんどの方がアメブロのURLを貼っています。一見それで良さそうですが、本当にそれで良いですか?アメブロしっかり更新していますか?プライベート記事ばかりではないですか?インスタは毎日更新している。でもブログは週1。。。のような感じでしたら見直したいところ。・・・・でもインスタとブログしかないからなー何を貼ったら良いの?そう思われるかもですよね

記事のURLでも良い

アメブロのURLだとトップに行ってしまいますよね。いつもいつもサロンのことを書いていないという方はぜひ、初めまして用の記事を書いてください。そしてそのURLをインスタに貼り付けておくと良いですね。インスタで皆様のサロンの雰囲気や作品のテイストを気に入ったお客様が、実際レッスンを申し込みたいと思うまでの、背中を押すような記事に飛ぶことをオススメします。初めましてではなくても今イチオシのレッスン記事などを貼り付けるのもオススメ。そして定期的に入れ替えることも大切ですね♡

【オススメ】1ページだけのサイトを作る

たくさんのSNSツールが増えてきた今、それ専用の自己紹介サイトを作ることもオススメです。専用ツールのご紹介と、私オリジナルの1ページテンプレートの記事2つご紹介させていただきますね。

 

お客様をプロフィールへ誘導する

せっかくURLを貼っていてもお客様がみにくるとは限りません。なのでキャプションからアクセスできるようにしておきましょう。キャプションの中に私だったら@preshine2017と記載します。そこをクリックするとプロフィールへ行きますので、@preshine2017よりご覧ください♡など一言添えるとGOODですね!

キーワード検索を誘導する

覚えやすいワードで検索できそうなら、それをご案内するのもオススメですね。例えば私ならお稽古サロン ホームページで検索してくださいね。ってところでしょうか、実際検索すると上位3つは私のサイトが今の所出るようになっています。屋号が他とあまりかぶっていない方は屋号から誘導することも可能ですが、まずは自分で検索してどのワードだったら1番にくるかを調べてみましょう。地名 屋号 だと結構上位に行きやすいかもですよね。

これから屋号を決めるかたへ

屋号はオシャレでカッコ良いものにしたいですけど、一番はお客様に覚えていただけるような屋号にすることが大切。大前提に読めるもの。読みにくいものをつけちゃった場合はしばらくカタカナで読み仮名をつけて発信しましょう。サイト制作の場合でもほとんどのお客様の屋号に読み仮名入れています。私のプレシャインもね!

何のためのインスタ投稿なのかを考えてみよう♡

コンサルでもお話ししますが、インスタはお客様にサロンを知っていただくための最大のツールです。なので、世界観を大切にして配信することはもう大前提のお話♡だからもしプライベートな写真と混ぜちゃっている方は別アカウントを作ることをオススメしています。私もそうしています。サロンアカウントの中でも世界観違うけど投稿したい!という写真はスワイプ2枚目やストーリーに入れて。この写真の世界観はあの人のサロンだ♡とわかっていただけるような投稿を目指して行きましょう。

あなただけの90分コンサル開催中

言いたいことはわかったけど、自分ではなかなかできないの。。。そんな方へ90分コンサルを行なっています。都内近郊の方は対面も可能。ご遠方の方はオンラインでご受講いただけます。詳しくは下記URLよりご確認ください。

【対面ORオンライン】あなただけの90分コンサル

ピックアップ記事

関連記事一覧

このサイトについて

お稽古サロンのためのウェブデザイナーとして活動しています。私自身も最初はお稽古サロン運営でした。運営開始後にウェブの大切さを知り、学校へ通いました。会社員時代はウェディング・アパレル業界にて、接客・営業・マーケティングも経験。全ての経験とスキルを活かして私が私なりに伝えたいことをのんびりと配信しています。

どうぞ温かく見守っていただければ幸いです♡